読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門田の角部屋

門田がアニメ感想を中心(多分)に色々積み重ねていきます

駆け込み女と駆け出し男

映画見てきました!

 

大泉洋さんと堤真一さんが好きなのと、時代劇好きなので、行って来ました!!

 

感想

 

 

面白かった!!

 

ちょっと詰め込み過ぎで、やや説明不足な所もありましたが、まーそこは空気を読む事に関しては世界一。なんとなく分りました。

男女の恋愛がメインです。が、そこにあるのはどろどろした愛憎のもつれじゃないんです!!

縁切り寺の話ですからね、勿論もつれまくってますが、どろどろはしてないんですよねー。

こいつサイテーって、男ばかりですが、そうでない男もいる。

粋な男もいるし、まあ悪くない男もいます。

 

お話しもハッピーエンド。

所々はらはらしましたが、良いはらはらです。

はらはらが終った後、ほっと胸をなで下ろせるはらはら度です。

そんなにきつくないから、蚤の心臓でも大丈夫!

 

是非映画観に行って欲しいから、ネタバレは避けます。

が、ここだけは言いたい。

最後の方、目出度く旅立つ一行があります。

それを宿の人が一緒になって見送ります。

 

その見送り場面。

 

みんな外に出て、宿の前の道で挨拶を交わします。

声だけが聞こえるこの場面。

そうなんです、カメラは宿の中。

暖簾越しに、みんなが見送っているのを、宿の中から見ています。

 

気分は座敷童!

 

この見送るって感じ!

この当事者じゃない感じ!

 

いい演出だなー、と門田は興奮しました。

ちょー素敵。